クロールの短距離とは何メートルまでを指すものですか?

Sponsored Link


水泳では主に短距離、中距離、長距離にわかれます。

人それぞれに得意な距離や苦手な距離があるのです。



では、クロールの短距離は何メートルまでですか?



クロールの短距離は競泳ですと

50メートル・100メートルを指します。

一般の人やマスターズになりますと、

25メートル・50メートルまでを指します。




この差は、アスリートレベルの人と、一般の人との

スピードと体力差があるからです。

それに競泳の場合は一番短い距離のレースが50メートル

一般やマスターズは25メートルからになります。




中にはアスリートレベルの人でも

100メートルは中距離という考えを持っている人もいたら、

マスターズの人で100メートルは短距離だと考えている人もいます。



ですので、短距離であるか・ないかは

その人自身の考え方により大きく変わってきます。

そのものさしは、本人次第でいくらでも変わるのが現状です。



今まで25メートルしか泳げなかった人は

50メートルは長距離に感じていたと思います。

ある日突然50メートルを完泳しましまった瞬間から

中距離や短距離に変わってしまうこともあります。




一般論では上記に書いた通りですが、

人それぞれ線引きするものさしがあるというのも知っておいて下さい。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ