クロールの呼吸はどのようにして行いますか?

Sponsored Link


クロールという泳ぎかたの中でも、最も難しい動作が呼吸なのです。

なぜかと言いますと、普段の生活の中で呼吸を意識してやっていない、

つまり無意識のうちにやっている
のに対して、

クロールの場合は意識して呼吸を

吸う・吐く・止めるをしないといけません。




ではクロールの呼吸はどのようにしておこなえばいいのでしょうか?



クロールの呼吸は、基本呼吸を止める所から始めます。

そして吸う動作に持って行くために、水の中で息を吐くのです。

この時に一気に吐くのではなく徐々に吐いていきます。

ある程度吐いたら顔をあげて吸う動作に入ります。

これが最もスムーズに呼吸をする方法です。




水の中でずっと息を止めていた場合、

顔をあげたときにすぐには吸えません。

先に息を吐かないといけないので、吸うのはそのあとになります。




したがって、十分に息を吸うことができなかったり、

息を吸うまで時間がかかりすぎて沈んでしまうこともあります。

また沈んでしまいますと水を飲むおそれもあります。




人間は、元々は息を吐いたら勝手に吸う習性があります。

それとは逆に吸いこんだら勝手に吐くことはないのです。

ですから、この習性をうまく利用できれば呼吸がより楽になります。

よりスムーズに呼吸動作を行う為に、

吐く・吸うを覚えておいてください。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ