バタフライとクロールではどちらの速度が速いでしょうか?

Sponsored Link


バタフライとクロールは水泳の中でも瞬間スピードが速い部類に入ります。

大きな大会でのレースを観ていると、とても迫力があります。




では、バタフライとクロールはどちらが速いのでしょうか?




1ストロークの進むスピード、距離はバタフライの方が優れています。

しかし、バタフライには一瞬動きが止まることがあります。

それに対してクロールは速いスピードで泳げますし、

動きがほぼ止まらずにいけるのです。




キックに関しては相性がありますが、

基本バタフライのキックが一番速いです。

潜水泳法を15メートルに制限されるくらいですから。




また大きな大会でクロールの隣でバタフライの潜水キックをやっていて、

クロールより速く泳いでいるのを何度も見かけたことがあります。

おそらく25メートルであればバタフライの方が速いかもしれません。




それ以降になりますと、クロールの方が速くなります。

バタフライは瞬間スピードが速いのですが、

バテるのも、ものすごく速いのです。




それに比べクロールは

長距離でも泳がれているくらいなのでバテにくい種目のです。

速いスピードを長い時間維持しやすい泳ぎと言えます。




選手レベルになりますと25メートルだけでしたらほぼ互角、

もしかしたらバタフライの方がスピードが速い

・・・という人も結構います。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ