背泳ぎのキックはどのように動かしますか?

Sponsored Link


背泳ぎのキックはクロールのキックと一緒で、

上を向いてバタ足をしています。

ですが、クロールのキックとは若干違います。




背泳ぎのキックはどのように動かすと思いますか?




背泳ぎのキックは上記で書いた通りクロールのキックとは違います。

クロールは腰の位置を中心に上下にバタバタしながら泳ぎます。

それに対し背泳ぎは、足が腰の位置で一番高くなるように

下から上へ蹴り上げます。




もし、クロールのキックと同じやり方で

背泳ぎのキックをしてしまいますと、

足が水の上に出てしまい体が下がります。

体が下がると水を飲みやすくなります。


ですので足を水面から上に出さないようにしましょう。




そして、足の甲で水を後方に押し出しましょう。

クロールでも同じですが、太ももからしっかりと動かす様にします。

ただ、一度足を下に下げてから上に蹴り上げます。




この練習は陸上でも可能です。

椅子に座ってもらって、下から上に蹴る練習をします。

蹴り上げた時に、太ももの付け根から足先まで

一直線になるようにしましょう。

ちなみに座る位置は、太ももが動かしやすいところにしましょう。




陸上でできれば、あとはプールで実行するだけです。

上から下ではなく下から上にしましょう。

何度も書いているということは、それだけ重要なのです。


本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ