背泳ぎの泳ぎ方はどのように行いますか?

Sponsored Link


背泳ぎとは上を向いて泳ぐ種目です。

4泳法の中で唯一、顔を水の上に出して泳げる種目です。

顔が上がっている分だけ、呼吸がしやすくて

一番バテにくい泳法としても知られています。




では背泳ぎの泳ぎ方はどのように行うでしょう?




背泳ぎはクロールと一緒で左右の腕を交互に回します。

太ももに手がきたら、まっすぐに腕を上げてきて、

そのまま耳の後ろへ入水します。

その後手のひらを返して太ももの方へ戻します。




慣れていない人は、よく水の上の動きより

水の中の動きの方が速い人がいまして、

そうなると、頭の延長線上に手が無い時がありますので

頭を壁にぶつけてしまうことがあります。




水の上の方が圧倒的に動かすスピードが速いので、

入水してから水を押すような感じでちょうどいいです。

そうすることにより頭を壁にぶつけることがなくなります。




足の動かし方はクロールと同じでバタ足です。

クロールと違うのは、足を水面に出さない様に動かす事です。

腰の位置が一番高くなるように下から上に蹴り上げます。

蹴り上げた時に足が水の上に出ない様に注意しましょう。




背泳ぎの呼吸は顔が上がっていますので、

他の種目よりはやりやすくなっています。

あえて言うなら水を押し出す時に呼吸動作をしましょう。




あごの位置は上げすぎると呼吸が苦しくなりますので、

寝ている時と同じ様にリラックスした姿勢にしましょう。


本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ