背泳ぎで浮くコツはありますか?

Sponsored Link


背泳ぎを泳ぐ際に、他の種目でもそうですが、

浮かないことには進む事ができません。

腰の位置を下げない様にしながら泳ぐと

比較的に沈まなくなります。




背泳ぎで浮くコツとは?




まずは力を抜いて浮くようにすることです。

どの泳法でもそうですが、力を入れすぎますと

筋肉が硬直してしまい、比重が増して、沈みやすくなるのです。

そうなってしまうと、どうやっても浮かなくなります。

ですのでリラックスして取り組みましょう。





次に陸上でいう背伸びの姿勢を取ってみて下さい。

この時に指先から足先までしっかりと伸ばすようにしてください。

上記で書いた通り力を入れてしまうと沈みやすくなります。

背伸び = 力を入れる・・・ではないので

背伸びをしても力を抜いてリラックスしましょう。

朝起きて背伸びするような感じで。





あとは怖がらないことです。

上向いて浮くのは普段からやらないことですので、

力を抜いて浮くようにしましょう。




そして沈みそうになりましたら、

足を動かすようにしましょう。

基本は下から上にです。




ですが、水面の上に足を出してまで

蹴り上げないようにしてください。

水を飲んでしまったり沈む原因となります。




水面に出ないギリギリのところで蹴り上げましょう。

そうすれば沈むことはありません。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ