背泳ぎでお腹が沈むのですが何が原因ですか?

Sponsored Link


背泳ぎを泳いでいる人で

お腹が沈んでいる人を見かけます。

背泳ぎではお腹が沈んでしまいますと、

大きなブレーキになりますので、沈まない方がいいです。





では、背泳ぎでお腹が沈む原因とは?




背泳ぎで泳ぐ際にお腹が沈む最大の原因は、

腹筋に力が入っていない為に沈むことです。

背泳ぎで沈まないように泳ぐ為に腹筋には力を入れて下さい。

そうすることでお腹が浮いてきます。




次に足の蹴り方に問題がある場合もあります。

背泳ぎでは、足を水面より上に出さない方がいいのです。

ですが、ヒザあたりから水の上に上げて蹴りますと

お腹が沈んでしまい、ヒザで水を蹴ったせいで

水を飲んでしまうこともあります。




そうならないようにヒザで水を蹴るのではなく、

足の甲で水を蹴り上げる様にして下さい。

そうすることでお腹が下がることなく沈まずに泳げるようになります。




また、あごを引きすぎることによって沈むこともあります。

だからと言ってあごを上げすぎますと、足が沈んで上手く泳げくなります。

なので寝ているときと同じ姿勢で行うといいでしょう。

ちなみに、あごと喉の間にこぶし1つ分入るくらいが理想です。




どうしても上記のことをやってみても沈む人は、

ヘルパーという補助具を使用するか、

ビート板を抱えながら浮いてみてください。

確実に浮きますよ。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ