クロールを泳ぐときに水をうまくつかむ方法はありますか?

Sponsored Link


クロールを泳ぐときに水をうまくつかめないと、なかなか進みません。

それくらい水をつかむということは大切なことです。

陸上でいう足で大地を蹴りながら進んでいくのと同じことです。




では、クロールを泳ぐときに水をうまくつかむ方法とは?




水をうまくつかむためには、水の重さを感じながら泳ぐ必要があります。

一番カンタンな方法は、足ヒレをつけて泳いでみることです。

足ヒレは水の当たる面積が本来の足よりもかなり大きく、

水がたくさん当たります。

そのために、動かす力も普段よりもたくさん必要になります。




普段よりも重い水を押し出さないといけないので、

かなりの推進力を得れますが、その分、疲労も普段よりも大きくなります。

ですので、水がたくさんつかめたら、速く進みますが、

その分だけ疲れも大きくなるということです。




次に手のひらに水をうまく当ててつかめるようになるためには、

水の中をゆっくりかいていく必要があります。

ゆっくりかくことで、手のひらに水がしっかり当たりますので

重さを感じながら泳ぐことがらできます。






また手をグーにして泳ぐと、水がまったく当たりませんので、

スカがきになります。

その後に本来のパーの状態に戻して、同じように泳ぎますと、

いつもより水がつかめている感覚がわかりやすくなります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ