クロールを泳ぐ時にストロークの数え方ってありますか?

Sponsored Link


クロールを泳いでいて慣れてきたら、

ストロークの数を減らすことも考えないといけません。




では、クロールを泳ぐ時にストロークの数え方とは?





クロールのストロークの数を数え方は、とてもカンタンです。

手を回した回数を数えればいいだけなのです。




一番わかりやすい方法としまして、

手が入水するタイミングで数えるのです。


そして壁につくまでにどれだけ手が入水したか数えます。




小学生の一般のお子様でしたら

まだ水をつかむということが解っていない状態で

25メートルで25ストローク以内、

つまり25回以内でいけたら良い方です。




これが選手クラスになってきますと、

25メートルで20ストローク以内ではいってほしいです。

かなりゆったりと泳ぐ練習なら12ストローク以内ですね。




ストロークは手を速く回せば回数は増えますし、

ゆったりと水をとかみながら泳いでいれば少なくなります。

特に長い距離を泳がれるのであれば、ゆったりと泳ぎたいので

ストロークを減らしながら泳いでいくようにしたいですね。




逆に短い種目をスピート上げて泳ぐのであれば

腕をフル回転させて泳ぐ必要があります。

この時も落ち着いてやれば数える事は可能です。

要は腕が前に来た時の回数を数えればいいだけです。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ