クロールのコンビネーションでは、どこを気をつけたらよいでしょうか?

Sponsored Link


コンビネーションとは

そもそもキックとプルを合わせたものです。

競泳選手の間ではスイムとも言われています。




どの泳法でもそうですが、

コンビネーションには

キックとプルと呼吸のバランスが大事になります。




クロールのコンビネーションでは、

どこを気をつけたらいい?





クロールのコンビネーションで

気をつけておきたい事は、

キックを必要以上に打ちすぎないことと、

腕を回すスピードを上げすぎないことです。




キックは速く打ちすぎずに

ある程度のスピードで打つ様にしましょう。

理想は1秒で6回足を動かすシックスビートです。




プルは腕を速く回しすぎると、

呼吸のタイミングがとりづらくなりますので、

速く回しすぎない様に気をつけましょう。




手を前でそろえながら泳ぐ

キャッチアップクロール
というのがあります。

腕を一回まわして両手が前でそろったら、

次の腕を回すということです。




一見初心者の方がやるようなクロールと思われがちですが、

選手クラスの人たちでもこのやり方を取り入れている人もいます。




実際にキャッチアップクロールをすることにより、

水をつかむ感覚がわかりやすくなりますので、

水の重さがイマイチわかりづらいという方には

一度試してみてください。




同時にコンビネーションのバランスもよくなり

呼吸もスムーズにおこないやすくなりますので、

この泳法をオススメします。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ