背泳ぎっていつ呼吸しますか?

Sponsored Link


背泳ぎは泳いでいる時には

常に顔が水の上にあがっていますので、

呼吸なんていつでもできると思いがちです。

でも、実際はそうでもないようです。




では、背泳ぎっていつ呼吸するかわかります?




背泳ぎにも呼吸するタイミングがあるのです。

実はクロールやバタフライと同じで、

最後に押し出す動作の時に呼吸をします。




専門用語でいいますとフィニッシュといいます。

このフィニッシュ動作でしっかりと息を吐いて吸います。

右がフィニッシュした時に呼吸するのか、

左がフィニッシュした時に呼吸をするのは

どちらでも構いませんが、基本は利き手の方がやりやすいです。




利き手でフィニッシュしながら息を吐いて吸うのですが、

右手で呼吸した後に、すぐ左手で呼吸してしまい

最初は難しくて慣れないかもしれません。

ですが呼吸のタイミングが慣れてきますと

テンポよくスイスイと泳げる様になってきます。




これを間違えて手が水の上に上がって一番高い場所で

息を吐いて吸う動作をしようとすると、

体が一番下がりやすい状態にあるのに加えて、

手を上げた時に一緒に水しぶきが飛びますので、

鼻や口から水を飲みやすくなるなります。




こればかりは何度も練習していただくことをオススメします。

泳げるようになった方々はみんなそうしてきましたから。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ