背泳ぎの手の動きはどう動かしますか?

Sponsored Link


背泳ぎの手の動かし方は大きく2つに分けられます。

1つは主に初心者が行うストレートプル、

もう1つは競泳選手がやっているS字プルです。




まずストレートプルですが、

やり方はラジオ体操第一でやる【のびの運動】を

右手と左手を交互に回すということです。




これには欠点がありまして、

水の中の動作ですが、入水してから太ももの所に戻すまでに

半円を描くような感じで動かします。

手が一度、体から遠い所を動かす為に

大きなロスとなります。




水を押すタイミングは、

本当に最後の方がいいのです。

頭の延長線上から横に押すと蛇行の原因となります。

真横から押しても同じく蛇行してしまいます。

なるべく最後だけ押すか、動かす程度に考えた方が

まっすぐに進みやすくなります。




S字プルはストレートプルで大きく外へかくのを

ヒジを曲げながら体の近くでかくということです。




最初のキャッチの段階でしっかりと水をつかみますが、

この時に手の位置はやや深めに入れる様にします。

その後に手を曲げながらプル動作を行いますが、




本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ