背泳ぎでビート板を使うことはありますか?

Sponsored Link


ビート板を使う時は

主に足だけの練習の時に使います。


この時に背泳ぎ以外はビート板を持たないと

顔が浸かってしまいますので使う様にしています。




背泳ぎは他の種目と違って

顔が常に上がっているので

ビート板を使わずに足だけの練習をする事が可能です。




では背泳ぎでビート板を使うことは?




練習の一環で背泳ぎの場合でもビート板を使うことはあります。

例えばよく沈みやすい方などには、

ビート板を抱えながら泳ぐことはあります。




最初は大きめのビート板を使用して

徐々に慣れてきたら小さいビート板に変えて

キックするようにしましょう。





あとサイドキックをするときに使用したり

ヒザを出さないように気をつけをして

ビート板をヒザあたりに持ってきて矯正するために使う時もあります。




稀にですが、背中辺りにビート板を敷いて

背泳ぎを泳ぐ練習方法を取り入れている人もいます。

オーバーにローリング動作をさせないようにするためと

腰落ちにならないようにするためにします。




これらの練習方法で気をつけていただきたいのは

あくまでもビート板は補助的なものと考えて

メインはビート板を使わないように泳げるのがベストです。

あまりビート板に頼りすぎずに泳げる様に頑張りましょう。


本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ