背泳ぎの潜水泳法は何メートルまで大丈夫ですか?

Sponsored Link


昔の競泳の大会では潜水泳法には

特に制限は設けられていませんでした。

なぜかと言いますと泳ぐより遅かったのがあります。




しかし、ソウルオリンピックで今の日本水泳連盟会長である

鈴木大地さんが金メダルを取った時には、

バサロキックで25メートル以上を泳いで

他のスイマーを圧倒的に引き離すという戦法が流行りました。




またバタフライでは青山綾里さんが

潜水ドルフィンキックを駆使して

当時の短水路世界記録を叩き出したことがあります。

また自由形でも潜水ドルフィンキックで

クロールの選手よりも速く泳いでいました。




このやり方は後に制限されるようになります。




では現在の背泳ぎの潜水泳法は何メートルまで大丈夫?



今はスタート、ターン後に15メートルまでなら

潜水泳法で泳いでも大丈夫となっています。

ですので、仮に100メートルを泳ぐ場合に

短水路(25メートルプール)では最大で60メートルまで

長水路(50メートルプール)では最大で30メートルまで

潜水泳法が可能です。



ただし、潜水泳法が決して速いとは限りません。

キック力が弱いと実際に背泳ぎで泳ぐよりも進みが悪いですし、

15メートルという距離は想像以上に長いですので

酸素を奪われて酸欠状態に陥り背泳ぎで泳ぐ時には

バテてしまっているということもあります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ