顔を出したまま平泳ぎを泳ぐとどうなりますか?

Sponsored Link


平泳ぎは長い距離を泳ぐのによく使われます。

なぜかと言いますと・・・単純に楽だからです。

ただ、競泳のように力強いストロークをするとなりますと大変です。

バタフライのように1ストローク泳いだだけでも疲れる・・・

普通に平泳ぎを泳ぐ場合そんなことはあまりないです。




では、顔を出したまま平泳ぎを泳ぐとどうなるでしょうか?



平泳ぎでたまにですが、顔を出したまま泳がれる人がいます。

あまり進んでいるようには見えませんが

それほど疲れている様にも見えません。





ですが顔を出したまま平泳ぎを泳ぎますと、腰の位置が下がります。

腰の位置が下がりますと水の抵抗を受けやすくなります。

水の抵抗を浮けるという事は、進みにくくなります。





スピード競争をされる方にはあまりオススメはできませんが

長い距離を楽に泳ぎたいという方ならいいかもしれません。

特に海で遠泳される人なんかにはオススメです。


海水ですと塩の関係で水が重いので身体が浮きやすくなります。

なので顔を出したまま平泳ぎを泳いでもそれほど沈みません。



プールで顔を出したまま平泳ぎを泳ぐというのは

楽に長く泳ぎたい方にはオススメかもしれません。

ただし、ムリに顔を水の上に出そうとすると・・・

腰を痛めてしまう事もありますので注意が必要です。




本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ