クロールを泳ぐ時に首が痛くなります、何が原因ですか?

Sponsored Link


クロールを泳いでいると

たまにですが痛みを感じる時があります。

中には首が痛むと言う人もおられます。




では、クロールを泳ぐ時に首が痛くなる原因とは?




主なものとしては、首に力を入れすぎる事が原因となります。

特に全力で泳いでいる時には力が入りやすいので

ついつい余分な力も入ってしまいます。


それが首の方まで力がはいってしまうこともあります。

ですから余分な力を抜いてリラックスして泳ぐといいでしょう。



他にはアゴを引きすぎてしまったがために首を痛めてしまう事もあります。

前を向いて泳ぐと身体が沈んでしまう人はよく頭を下向きしながら

泳ぐ事がよく見うけられます。

これも思いっきり引きすぎたために痛めてしまうのです。

必要以上にアゴを引かない様にしましょう。




さらにはクロールの呼吸(息継ぎ)の時にも痛めることがあります。

呼吸と時に勢いよく顔をあげようとして首をひねってしまうことが

初心者に多く見られます。


クロールの呼吸(息継ぎ)は、基本的には首は動かしません。

肩を上げてあげれば、顔は自然とついてきます。

ですからムリに顔をあげようとするのではなく、

肩をしっかり上げることで呼吸はやりやすくなります。




以上のようにまとめてみましたが、基本的には余分な力が

入りすぎているために起きているようですので、

もっとリラックスして泳げば、首を痛めるリスクが

かなり少なくなります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ