けのびの練習方法とはどのようなものがあるでしょうか?

Sponsored Link


けのびといいますと、どうしてもプールじゃないと練習できない

・・・と、思っていませんか?



実はそうでもありません。

陸の上でも練習できる方法があります。

場合によっては、陸の上にならではの練習方法もあります。

それでは簡単な練習方法紹介していきます。




まずは背伸びをすることです。


両手を上にあげて、手は組んだ状態で、

指先から足先まで背伸びをしながらまっすぐ伸ばします。

この時に力を入れないようにするのがポイントです。




次に今やった姿勢を布団などに寝転がって、同じような姿勢をします。

この時にお腹を中心に指先と足先が地面から上がるようにします。

実際にけのびでの姿勢になりますの、良い練習になります。





更には呼吸を止めるという練習も効果的です。


普段の生活の中に呼吸を止めるという動作はありません。

ですから呼吸を止めるということに慣れていません。

呼吸を止めるのですが、最初は短時間(5秒程度)でいいです。

慣れて来たら徐々に時間を伸ばしていく感じです。

この時に無理をしないようにしてください。




こういった感じで泳がなくても陸上でも

けのびを上達させる練習法はあります。

誰にでもカンタンにできますので、ぜひやってみて下さい。

上達のスピードがアップすること間違いなしです。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ