こどものけのびで注意することはありますか?

Sponsored Link


けのびというのは、泳げる様になるためには避けては通れない項目です。

やり方次第では、ここで嫌な思いをして挫折をしてしまうこともあります。

ですから、このけのびは特に慎重にやっていただきたいものです。




ところで、こどものけのびで注意することは・・・?



こどもがけのびをする際には、まずしっかりと安全を確保する事が必要です。

特に泳げないこどもには、ヘルパーやアームヘルパーなどの補助具や

足がプールの底に安全に立てる環境が必要になります。


これは溺れないようにする為に必ずやってもらいたいことなのです。

泳げないこどもには特に必要なことですので確実にやっていただきたいです。



あまり慣れていないこどもには、ビート板などの持つ浮き具がほしいです。

これを持っているだけでも安全と安心は確保できます。

ビート板がない場所でしたら、保護者が手を持ってあげるなど

安全に行うことを最優先にしてもらいたいです。




ある程度水に慣れているこどもは

けのびの時にまっすぐに身体を伸ばすようにしてください。


この時には力を入れるのではなく背伸びをイメージしながら

指先から足先までピーンと伸ばす様にして下さい。

そうすることにより曲がる事なく真っ直ぐに進む様になります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ