平泳ぎの足の練習方法はどうやればいいですか?

Sponsored Link


初心者は平泳ぎの足の動かし方がわかりません。

ですから、自分の目で確かめながら覚える必要があります。

なので、いきなり泳ぎから入るのではなく

まずは陸上で練習する必要があります。



平泳ぎの足は他の種目と違って足首を曲げた状態で

ヒザを曲げたり伸ばしたりして足の裏で水をけります。




まずは椅子に座って足首を曲げます。

その状態でヒザを曲げて伸ばす動きをやるのですが


この時に足首をしっかり見ながら動かすようにしましょう。

慣れてきたら布団の上でもいいですので寝転がって

同じように足首を曲げた状態で膝を曲げて伸ばす動きをやりましょう。



上記に書いた2つの方法ですが、

動きを覚えるまではかなりゆっくりのスピードで

ヒザを曲げたり伸ばしたりしましょう。


慌ててやってしまうと、どうしても足首に集中できず

ついつい足首を伸ばして動かしてしまいます。


なので、まずはゆっくり動かす様にして下さい。




それらができて初めて水の中で泳ぐことができます。

動かし方をもう覚えていますので、後は水の中で同じようにやるだけです。

ここでも慣れないうちは、足をゆっくり動かします。

この時に進もうと言う感覚を捨ててください。

最初の段階なので前に進まないのは当然です。
んんん




水の中でも足の動きがしっかりできるようになったら

ここで初めて思いっきり蹴るようにしてください。

最初はなかなか進まないと思いますが

慣れてくることにより足首も力が抜けて

ごく自然な状態で後方に水を蹴ることができます。




ある程度進むようになってきたら、今度は上を向いて同じ動作をしたり

真横を向いた状態で同じ動作をやってみます。
んんん

身体の向きが変わってもやることは同じです。

んん

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ