平泳ぎのターンはどのようにすればよいでしょうか?

Sponsored Link


平泳ぎのターン人はクロールや背泳ぎと違って

クイックターンのように前回りをする必要はありません。

そのかわり、壁を両手でついて行うタッチターンをします。




やり方はそれほど難しくありません。

まずは平泳ぎを泳ぎながら壁に向かって進みます。

そして壁に両手でタッチをしますが、この時に両手の高さは同じにして

ヒジをしっかり曲げて壁に身体をしっかりと引き寄せる様にしてください。


引き寄せが不十分だと後のターン動作がやりづらくなります。




そして左手を先に進行方向へ持っていきながら右手でしっかりと

壁を押すようにしてください。

この壁を押す時にヒザを壁の方へ引き寄せます。



右手で壁を押し出した後は左手と手を組みながら

足を壁につけて一気に蹴り出します。


壁を蹴ったら、けのびの姿勢をしっかり作りましょう。




このけのびの姿勢をしっかりやる、やらないで進む距離が大きく変わります。

壁を蹴った後のスピードは、実は泳ぐスピードより遥かに早いです。

なのでこの部分は特におろそかにならないようにしましょう。



ターン動作だけなら陸上でも練習できます。

①両手を壁につけます。

②左手を進行方向に持っていきます。

③右手を頭の後ろ側へもっていきながらヒジを曲げます。

④最後は両手をしっかりとみます。

この練習なら家でも簡単にできますので

自信がない方はぜひやってみてください。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ