クロールと平泳ぎはどっちが疲れますか?

Sponsored Link


水泳の中で比較的に長く泳ごうとする時に使われる種目は

クロールと平泳ぎが圧倒的に多いです。

どちらも単純に長い距離を泳ぐ時に疲れにくいからです。



では、クロールと平泳ぎはどっちが疲れる?



これは個人によって感じ方が全く違います。

クロールのほうが疲れるという方もいますし

平泳ぎのほうが疲れるという方もいます。

なので、どちらとも一概には言えません。



ただ、運動強度は平泳ぎのほうが若干軽めになっていますので

もしかしたら平泳ぎの方がちょっとだけ楽かもしれません。





もし、全力で泳いだとしたら・・・

クロールは無呼吸で泳ぎきることが可能です。

それに対して平泳ぎは1回1回顔を上げるので呼吸は楽かもしれません。


そうなるとクロールの方が疲れやすいです。



長い距離を泳ぐことに関しては、どちらも楽ですが

クロールの方は手だけで泳ぐことも可能なのに対して

平泳ぎは手と足、両方使わないといけないので大変かも知れません。



最初に書きましたが、これは個人の好みの問題でもありますので

どちらがキツいとは一概に言いません。

あえて言うのでありましたら、個人の物差し次第になります。

バタフライ以外ならどの種目もそれほど大差はないです。

自分にあった楽で長く泳げる泳ぎを身に付けるのが大事ですね。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ