平泳ぎでストロークが伸びない原因は何にありますか?

Sponsored Link


平泳ぎといえば北島康介選手のように

伸びのある大きな泳ぎができるようになりたいですよね。


見た感じはあまりがんばっていないように見えますが

進むスピードはものすごく早いですので羨ましいですね。



平泳ぎでストロークが伸びない原因はいくつかあります。



・伸びているときの姿勢が悪い

平泳ぎで身体を伸ばしているときに腰の位置や足の位置が頭の位置よりも

はるかに下がっている時があります。


こうなりますと身体は水の抵抗をまともに受けてしまいますので

前へ進みにくくなります。

頭の位置から足の位置まで一直線にまっすぐになれば

水の抵抗を受けることも少なくなりますので進みやすくはなります。




・手と足のタイミングがおかしい

競泳の泳ぎ方になりますけども、手と足を同時に引き寄せて伸ばしていませんか?

平泳ぎ本来の泳ぎ方は、手を先に動かしてから後で足が動き始めます。

手をかいて前に伸ばし始める時に足を引いてきて

前に伸ばし終わってから後から足を後方へ蹴り出します。


このタイミングを間違えますと、ストローク回数が増えてしまいます。



大きな要因はこの2つになります。

これらを修正してあげたら今よりも大きく力強いストロークになります。

他にはキック力や腕のかく力をパワーアップさせることも重要です。

アスリートになりますと泳ぐ時間と同くらい陸上トレーニングをしています。

れだけストロークを伸ばす為に補強運動が大事なのです。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ