バタフライの泳ぎ方ってどんな感じ?

Sponsored Link


バタフライという種目は4泳法の中でも最も難しいとされています。

ですが泳げる様になりますと、泳げない人の方が多いので

そういう人たちからはとてもカッコイイように見られます。



小学生くらいまででしたらスイミングスクールに通っている人以外で

バタフライを泳げる人は中々いないです。

それくらい習得には難しいです。



バタフライの泳ぎ方の特徴としましては腰をつかった

うねりをしながら泳いでいきます。


ちなみにうねりというのは、波の一種の表現で

バタフライの場合は上下に動きながら前に進みます。



そのうねりを覚える為にはキックの練習が一番手っ取り速いです。

両足をそろえて足を下に蹴りおろすときに頭をナナメ前に突っ込んで

そのあとすぐに頭を上げます。

イメージとしましては輪っかをくぐるような感じを思っていただければ

わかりやすいのではないでしょうか。



キックは2種類ありまして、第一キックと第二キックがあります。

第一キックは大きい蹴り幅で強く蹴りますのに対して第二キックは

小さい蹴り幅で鋭く蹴ります。



これに手を付け加ていくのですが、第一キックの時に両手を前に突っ込みます。

そして第二キックの時に両手で水を押し出して水の上に持ってきます。

この第二キックの時に呼吸が入ります。




これらの動きを覚える様になるまでは片手バタフライといいまして

片手だけを回しながらバタフライを泳ぐ練習をします。

いきなり本来の動きである手を1周の間に足を2回打つのではなく

まずは4回打つ様にして下さい。




最初の2回は準備の為のキックで3回目のキックで

大きく足を蹴りながら少し前方へ潜ります。

4回目のキックで小さく鋭く蹴りながら腕を後方に押して

手を水の上に出して、そのまま前に持ってきます。




慣れてきましたら片手で右2回、左2回のあとに

両手2回ずつ回すようにしていきます。

そして最後には両手で回しながら泳いでいく様にしましょう。



ちなみにバタフライは平泳ぎから変化した泳ぎでもあります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ