初心者が行うバタフライの練習方法とは?

Sponsored Link


初心者かバタフライの動きを覚える為の練習方法を紹介します。



・壁キック

これは壁をもった状態でバタフライのキックをします。

キックを蹴りおろすときに腰を浮かせますが浮かしすぎない様に注意しましょう。

アスリートレベルであれば細かく速いキックを習得するのに使います。




・気をつけキック

うねりの動作を覚えたい時におこないます。

蹴り下ろすときに頭を前方に突っ込みながら腰を浮かします。

そして頭を突っ込んだら素早く頭をあげるようにします。


蹴り上げる時には必要以上にヒザを曲げすぎない様に気をつけましょう

特にかかとの位置を上げすぎる水の抵抗が大きくなるので

そうならない様に軽く曲げる程度で大丈夫です。




・片手バタフライ

基本は手を1周する間に足を2回蹴る様にします。

第一キックの時に、手を入水させながら前方に潜るように突っ込みますが

下に潜りすぎないように気をつけましょう。

第二キックを入れながら背筋を伸ばすような感じで水を押し出します。

呼吸をしたいのであればこのタイミングでやります。

片手ですのでよ横を向きながら呼吸するのもアリです。

初心者であれば手を1周する間に足を4回蹴る様にしながらやることオススメします。

これをすることにより焦らずに動きを覚えることができるからです。



・陸上練習

陸上練習ではバタフライの腕の動きを鏡で見ながらイメージしたり

手と足のタイミングのイメージ練習など水の中での練習でうまくいかない部分を

実際に自分の目で確かめながらできるメリットがあります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ