バタフライの呼吸はどのようにしますか?

Sponsored Link


背泳ぎ以外は顔を水の中につけているので呼吸のやり方を覚えなくてはなりません。

普段の陸上生活とは違いまして息を止めるということをやりますので

なかなか難しいものがあります。




バタフライでは呼吸は手の場合ですと水を後方へプッシュした時に

足の場合ですと第二キックで下に蹴りおろした時のタイミングで

呼吸の動作に入ります。


バタフライの呼吸は腕だけでタイミングをとるのは難しいので

足の動きと合わせながらタイミングを取る様にしましょう。

それまでは水の中で軽く息を吐くようにして下さい。




なぜ水の中で息を吐くことが必要なのかといいますと

呼吸するのには必ず息を吐く動作が必要になります。

いざ顔が水の上に上がった時に、まだ息を吐ききれていなかったら

吐くことに時間をとられるので、結果息を吸えない事もあります。

ですから、息をできるだけ吸える環境を整えましょう。





実際に泳ぐ時には腕の回す回数で呼吸をのタイミングを決める事が大事です。

それも最初から決めておくと慌てずに安心して呼吸動作ができるようになります。

例えば、あまり疲れを感じない時には腕を奇数回数のときには顔をつけたまま泳いで

偶数回数の時には呼吸をする、またバテてきたら毎回呼吸にするといった感じで


あらかじめ決めておけば安定した呼吸ができる様になります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ