バタフライのターンはどうやってやるのですか?

Sponsored Link


バタフライのターンは、必ず両手を同じ高さでタッチして

ターンしなければならないルールがあります。




もともとは、バタフライは平泳ぎから派生した泳法ですので

ターンもほぼ平泳ぎと同じやり方になっています。



やり方は壁に両手同時に、しかもなるべく同じ高さで壁にタッチします。

クロールのようなタッチターンと違って、両手をつかなければいけません。

両手をついたら、左手を次の進行方向へもっていきながら

右腕のヒジをゆるめて壁に近付いて、ヒザを壁側に曲げながら引き寄せます。

右手で壁を押しながら両足を壁につけて、手を頭の上でしっかり組みながら

思いっきり壁を蹴ります。

感覚をつかむために慣れないうちは片手でやるのもアリです。




大事なのはターン前のスピードを落とさずに泳ぐということです。

なぜかと言いますと、勢いがあるのとないのでは感覚が変わってきます。

それに勢い良くタッチするとその反動でターンのスピードも乗りやすくなります。




イメージとしましては、壁にボールをぶつけるスピードが速いと

戻ってくるスピードは速いし距離も遠くまでいきます。

それとは逆にスピードが遅いと戻ってくるスピードも遅いし

壁の手前で落ちてしまいます。




ターンも泳ぎと同様で練習をたくさんすればするほど上達します。

最初は誰でも上手くないので、あきらめずに頑張りましょう。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ