どうやってき平泳ぎのキック練習しますか?

Sponsored Link


平泳ぎのキックはなかなか習得するのが難しいと言われています。

なぜかと言いますと・・・単純ではないからです。


他の種目は足の甲と裏を使って泳ぐのですが、平泳ぎだけに関しましては足の甲は使いません。

つまり足の裏だけで水を蹴らないといけません。



その平泳ぎのキック練習をするためには・・・

まずは形をマスターする為に陸で練習します。





自分で足の動きが確認できる様にイスにすわってやります。

かかとに力を入れてあげると・・・足首が曲がります。

この状態をキープしながらヒザを曲げて、伸ばしてを繰り返します。

その時に足首が伸びないようにしっかりと見ておく必要があります。




それができるようになりましたら、今度は布団の上に寝転がって足の動かす練習をします。

今度は自分の目では見る事ができませんので足を戻した時に

足の甲ではなくつま先が布団に当たるようにしましょう。

見えないのゆっくり動かしながら足の動きを確認しましょう。



それができれば今度は実際にプールに入ってやりますが、

まずはビート板や壁をもちながら足の動きを確認しつつ水を蹴る練習をします。

慣れてきましたらビート板なしに泳いでみましょう。



最初は進みが悪いかもしれませんが、

回数をこなしていくにつれて進む様になってきますので諦めずに継続しましょう。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ