疲れないクロールの泳ぎ方はありますか?

Sponsored Link


クロールでは長い距離を泳ぐのには適しています。

長く泳げるという事は、疲れにくいという事でもあります。

疲れないクロールの泳ぎ方はありませんが、疲れにくいクロールの泳ぎ方ならあります。



基本的にキックを打ちすぎるとすぐにバテてしまいますので

できるだけキックをムリをして打たない様にすると疲れにくくなります。


なので2ビートといいまして手が1周する間に2回だけ打つような感じにしますと楽です。

初心者は6ビートで足を打ち続けますが、これも力を抜いて脱力しながら打つといいでしょう。




それと長い時間泳ぐ為には、それなりのフォームと呼吸法が重要になります。

クロールのフォームはゆったりと大きい動きを心がけるのが大事になってきます。

その為には力を抜いて泳ぐ事が必要ですになります。

これは反復練習をすることで楽に泳ぐ方法を見つけられるようになります。



呼吸は顔をあげるときにたくさん息を吸いたいので

ブクブクと水の中で息を吐く事がポイントになります。


これをすることによって、より呼吸がやりやすくなります。

それと手を2回まわして1度呼吸をするという形が最も楽で

長い距離を泳ぐ人はほとんどこの呼吸方法を採用しています。

1・2・1・2とリズムよく呼吸ができるのが特徴です。


本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ