個人メドレーで背泳ぎから平泳ぎに変わるときのターンはどうしますか?

Sponsored Link


個人メドレーではターンをたくさんやりますが

中でも難しいと言われている1つに背泳ぎから平泳ぎのへのターンです。

なぜかと言いますと、背泳ぎで泳いでいる時には壁の位置を把握できないからです。



その背泳ぎから平泳ぎのターンをより確実にこなせるようにするには

壁の位置や5メートルフラッグの位置を把握しておく必要があります。


背泳ぎで壁に着く時にはどちらの手でついてもできるようになるのがベストですが、

慣れていないうちはどちらかの手だけでいいので確実にできるようにしましょう



基本は5メートルフラッグが見えてから何かきで壁に到達するか数えます。

できれば全力で泳いで到達するのがいいです。

その数を数えたら実際に泳いでその数で到達するようにして

壁についたら、そのついた手の方へ体重を預けて頭を壁の方へ近づけます。

そして身体を90度近くまで軽く返して、ついた手でしっかりと壁を押しだしてヒザ・足を壁の方へ引き寄せます。

そして最後にしっかりと両足で壁をしっかりと蹴り出しますが、顔は下向きになるようにします。


難しい理由の1つとしていつ壁に到達するかわからないから

壁に頭がぶつかるのを恐れてスピードを減速してしまいがちです。

ですが、5メートルフラッグさえ見えていればあとは壁に着くまでの回数さえ覚えていれば大丈夫です。




ただ、プールによって5メートルフラッグの位置の高さが少しずつ違ったり

5メートルフラッグ自体がないという場合もあります。


ない場合はコースロープや天井を参考にして何度か泳いでみて修正しながらやる様にしましょう。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ