平泳ぎにおいて腰の位置はどの辺りがきてベストですか?

Sponsored Link


4泳法ともに泳ぐ時には腰の位置はかなり重要視されます。

なぜかと言いますと、この腰の位置により進む・進まないが大きく左右されるからです。

腰の位置はもちろん低いよりも高い位置の方が安定して泳ぎやすくなります。




平泳ぎにおきましてもそれは特別な事ではありません。

腰の位置はできるだけ高く保つ事が大事になってきます。



その為には足の動きで引きつける動作がありますが

かかとの位置を必要以上にあげすぎないことです。


もし、かかとをあげすぎてしまいますと、腰よりも高くなりまして

腰を反った状態で泳ぎますので、必然的に沈みやすくなります。

そうならないように気をつけて泳ぎましょう。



顔をあげる時も本来であれば口だけあげていれば水を飲む事はありません

これも必要以上にあげてしまいますと腰を反るような感じになりますし

身体があがることで腰の位置が低くなってしまいます。

なので必要以上にあげないことで腰の位置を高い位置で保つ事ができます。



このように平泳ぎはフラットな位置を保つ事で腰が沈みにくくなりますので

その分だけ前に進みやすくなります。


腰の位置は水面には出なくてもいいですが、水深約20センチメートル辺りにあると

進みやすく腰の位置も安定して泳ぎやすくなります。


これは人によって個人差が多少なりあると思いますので

自分にあった位置を探して見てください。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ