個人メドレーで平泳ぎはどのように泳ぐのがいいですか?

Sponsored Link


個人メドレーでは4種目をうまくまとめながら泳ぐ必要があります。

特に平泳ぎは4種目の中でも最も時間がかかる種目でもありますので

ここをいかに短時間で切り抜けるか、あるいは楽に泳ぎきるかが重要になります。


では、個人メドレーで平泳ぎはどのように泳ぐのがいいですか?



もともと平泳ぎが得意な方は、この平泳ぎでスピードを上げて泳いでいくといいです。

4泳法で一番順位の変動が起こりやすいのも平泳ぎなので、人によってかなりのタイム差が起きます。

なので得意な方はここで頑張って泳ぐことをオススメします。



それとは逆で苦手と言う方は、休憩とまでは言いませんが

ここでは呼吸を整えながら大きく泳ぐのがいいかもしれません。


苦手種目なので頑張っても前に進むのはキビシいかもしれませんので

それなら割り切って大きく泳いで次のクロールで挽回するということを

考えながら泳ぐのもアリです。




一般的に個人メドレーの平泳ぎは、個人種目の平泳ぎのような

頑張って泳ぐのとは違いまして、手と足を大きくゆったり使いながら

泳いでいくのがポピュラーな泳ぎ方です。


それも平泳ぎで終了ではなく後にクロールが控えていますので

そこで頑張って泳げるようにするためのつなぎと考えたら良いです。



ただ、得意な人はここで頑張って泳いだ方がいいかもしれません。

順位の変動が大きい種目ですのでここで大きく差をつけることにより

最後のクロールを気持ちよく泳げます。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ