平泳ぎで首が痛いのですが、何が原因ですか?

Sponsored Link


ある程度泳げるようになると、あちこちが痛くなることがあります。

特に多いのが首の痛みで、どの泳法にでも起きる現象で

もちろん平泳ぎにでも起きる現象です。




さて、何が原因で首が痛くなるでしょうか?



1番大きな原因は、呼吸をするために無理やりに顔を上げようとすると首を痛めやすくなります。

平泳ぎで顔を上げるためには、身体を上げることで十分に顔があります。

もっといいますと口さえ上がれば呼吸が可能なので、そういう考え方で大丈夫です。



それに首を無理に反らないことです。

アゴの下に拳1つ分の隙間を空けて、それを保ったまま泳ぐことです。

これにより首にかかる負担が格段に減りますので痛めることがありません。



以上のことから大事になってくるのは首を必要以上に動かさないようにすることです。

よくありがちなのは、呼吸をするときに首を反らして元に戻す時に首を戻します。

この繰り返しを何度もしますので、結果首を痛めてしまうのです。





そうならないようにする為には、普段から泳ぐ時に

首を動かすという行為をしないようにすることです。

つまりはムダな力を入れずにリラックスして泳ぐ必要があります。

それとゆったりと大きく伸びながら泳ぐことも大切になります。


平泳ぎは大きくゆったりとしながら泳いでいきましょう。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ