クロールの息継ぎのコツとはどのようなやり方ですか?

Sponsored Link


クロールを泳ぐうえで欠かせないのが息継ぎの動作です。

これができるようにならないとクロールを泳ぐ事はほぼ不可能です。

それくらい息継ぎの動作というのは大事になってきます。


クロールの息継ぎのコツとはどのようなやり方をするのですか?


クロールの息継ぎをするのには姿勢が大事になります。

基本は顔を上げてという人も多くいらっしゃるかもしれませんが

実際は顔を上げるという行動はしなくてもいいのです。

ではどうしたらいいでしょうか?



クロールは肩をあげることによって自然と顔が水の上に出ます。

その時に息継ぎを行えばいいのです。


ですからそこまで難しく考えることはありません。



まずは泳いでいる時の姿勢ですが、しっかりと真下を見るような感じで泳ぎます。

これが首にも負担がかからない泳ぎ方になるのです。

それから口でブクブクブクと軽く水の中で息を吐くようにします。

この状態から顔を上げるのですが、手をかきながら身体を真横に向ける様にします。




このときに初めて顔が上がってきますが

頭のてっぺんの位置を高くしないようにするように注意が必要です。

頭があがる事により口の位置が下がってしまいます。

口が下がることで水と近い位置にあるので水を飲む恐れがあります。

そうならないように気をつけましょう。



口でブクブクブクと軽く水の中で息を吐くようにするには

顔を上げたときにすぐに息を吸う事ができる動作に入れるようにするからです。


これらを覚えておくだけでも息継ぎがかなり楽になります。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ