背泳ぎを泳いでいるときに息継ぎの方法はどうしますか?

Sponsored Link


背泳ぎは4泳法の中で唯一顔が水の上にあがっている状態で泳ぐ種目ですので

息継ぎは比較的にはカンタンにできると思われがちですが、

実際のところはやり方はあるのです。



背泳ぎを泳いでいるときに息継ぎの方法はどうやる?


基本的に顔が水の上にあがっている背泳ぎでは息継ぎをするポイントが

ちょっと難しいかもしれませんが、コツをつかめばそこまで難しくありません。



背泳ぎでの息継ぎは手がリカバリー動作から入水するタイミングか

水を押し出したときに行うようにします。


クロールと同じように右か左かどちらでも構いませんが、

この場合はどちらかに決めておくとやりやすいです。

おそらく利き手でやるとやりやすいしわかりやすいので

利き手で息継ぎをおこなうようにしていきましょう。




息継ぎは息を吐けば吸う動作を勝手にやってくれます。

陸上で一度試していただいても構いませんので息を吐く練習をしてみて下さい。

きっと勝手に息を吸うというのが体験する事でわかりやすくなります。



あとは泳ぎながら実際に息を吐く練習をします。

フー、フー、フーと手が入水したときか水を押し出すタイミング

どちらでも構いませんのでやってみましょう。

このどちらかのタイミングが最も水を飲みにくいです。

息を吐くタイミングがわからないときは陸上で練習してみましょう。



手を水の上にあげている途中ですと身体が下がりやすいので

水を飲みやすくなりますから注意して下さい。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

【自己ベストを更新したい方向け】オリンピック指定強化コーチが教える、タイムを伸ばすための2軸泳法プログラムDVD<完全返金保証付き>

【劇的にタイムを縮める】オリンピック指導者によるドライランドトレーニングDVD<完全返金保証付き>


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ