クロールの呼吸はどのようにして行いますか?

Sponsored Link


クロールを泳いでいく上で重要な事の1つに呼吸があります。

この呼吸をしっかりとマスターすれば長距離でも楽々泳げる様になります。

それくらい呼吸というのは大事な項目です。



クロールの呼吸は水の中で軽く息を吐くようにします。

なぜこのようなことをするのかと言いますと、顔を上げた時に息を吐く動作をしていると

吸う時間が短くなる恐れがあるので、先に水の中で息を吐くことにより

顔をあげた時に息を吐く時間を短くして、吸う時間を長くします。


これにより呼吸がより楽になります。




次は姿勢ですが、クロールを泳いでいる時の基本姿勢は

下を向きながら泳ぐのが最も首にも負担がかからない泳ぎ方です。


その状態から手をかきながら呼吸の体制にはいりますが

ここで顔をあげるということをしないようにしましょう。

手をかきながら身体は横を向きますが、この時に顔も肩が上がるのにつられて上がってきます。




クロールの呼吸は肩を上げながら呼吸をするようにします。

これにより、首を曲げずに呼吸ができるようになりますので、姿勢は楽になります。



あとは手の回す回数で呼吸をする頻度を決めるのですが

本来であれば両側を呼吸できるようになってもらいたいので

手を3回回してから呼吸をするのが理想です。

ですが片側しか呼吸のできない人もいらっしゃいます。

その方は4回回してから呼吸をするのがいいです。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ