水泳でけのびが上手になるコツってありますか?

Sponsored Link


水泳でけのびができないと泳げない・・・

それくらいけのびとは重要なのです。

では、水泳でけのびが上手になるコツとは?




けのびが上手になるためには、まず姿勢を作らないといけません。

この姿勢が上手になれば、すぐに上手になれます。




水の中で毎日やれたらいいのですが、そうもいきません。

ですので家でもカンタンに練習できる方法を紹介します。





頭の上で手を組んで、目一杯に背伸びをします。

この時に指先と足先は真上に上がっていくようなイメージにして下さい。

その姿勢はとても重要ですので、毎日するとけのびも上手になります。




次に布団の上に寝転がって同じ様にけのびの姿勢を作ります。

この時におなかを中心に指先と足先を目一杯に伸ばします。

指先と足先は地面から上がっている様にして下さい。



この2つができれば、あとはプールの中で実行するだけです。

特に気をつけて欲しいのは、力の入れ過ぎです。

無理に力を入れると身体が沈んだり、

浮きながら曲がってしまうこともあります。

そうならないようにするには力を抜く事が重要です。




背伸び=力を入れるではありません。

けのびで目一杯に伸びる時に力を抜いてのびれば、

スーッと進む様になります。


ここはとても重要ですので覚えておいて下さいね。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ