クロールの日本記録は今どれくらいなのですか?

Sponsored Link


競泳界におけるクロールは

他の泳法と比べますと、世界から離されています。

その原因は色々とあるのですが、

ちょっと難しい言葉もでますので控えさせていただきます。





現在のクロールの日本記録は今どれくらいなのでしょう?





クロールの日本記録は・・・

2014年5月現在の長水路で

50mで男子が21秒88、女子が25秒14

100mで男子が48秒49、女子が54秒00




これに対して世界記録は・・・

50mで男子が20秒91、女子が23秒73

100mで男子が46秒91、女子が52秒07





男女どちらも世界からは離されています。

1秒ってたいした事ではないと思われがちですが・・・

実はトップレベルの人たちになりますと、

1秒で2m進むスピードで泳ぎます。

ですから、2mくらいの差があるのです。




今のクロールの日本記録は

世界記録に比べますとかなり離されています。

オリンピックでも200m以上になると決勝に残る選手もいますが、

50mや100mといった短距離では残れないのが現状です。




ですが、昔と比べますと、かなり差が縮まっています。

日本のコーチ達は優秀な人が多いので、

この先で世界でも通用する選手をきっと育ててくれると思います。

それを信じて楽しみに待ちましょう。

本当に早く泳げるようになりたい方へ

タイムアップに有益な水泳用サプリメントとは?

あと1秒の壁を超えられないマスターズ水泳・競泳の選手専用DVD


Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ