クロールのタッチターンはどのように行えばよいでしょうか?

クロールのターンには2種類ありまして、

初心者でも比較的にやりやすいのがタッチターンで、

競泳選手がよくやっているのがクイックターンです。




初心者でも比較的にやりやすい

クロールのタッチターンはどのようにしておこなえばよいか?




タッチターンは壁に向かって泳いでいき、

どちらの手でもいいので片手をついて、

次の進行方向に持っていきます。

できれば利き手で手をついてあげた方がいいですね。

この時に手は水の中ではなく、水の上を通して持っていくようにしましょう。




反対の手は利き手が壁に手をついた時に、

次の進行方向へ向いておくといいでしょう。


そうすることでターン動作がスムーズにおこなえます。





そして忘れてはいけないのが、けのびの姿勢です。

ターン動作は、けのびの姿勢をしっかり作ってから壁を蹴ると、

進みがよくなりますので泳ぐ距離を減らすことができます。

スタート、ターンにおいては、このけのびがとても重要になってきます。




そしてこのクロールのタッチターンは

後にやる平泳ぎやバタフライのターンによく似ています。

何が違うかと言いますと、平泳ぎとバタフライのターンは

両手で壁につかないといけないというルールがあります。




片手でおこなうクロールのタッチターンができれば、

両手でおこなう平泳ぎやバタフライのターンも

できるようになります。


このページの先頭へ