クロールと背泳ぎの共通点は何がありますか?

クロールと背泳ぎは見た感じは違いますが、

動きは結構似通っていますね。

実は共通点も多いのです。



では、クロールと背泳ぎの共通点とは?




クロールと背泳ぎの共通点は

腕を左右交互に動かして泳ぐことです。

これはバタフライと平泳ぎにはないことです。

常にどちらかの手が頭の延長線上に伸びています。




そして後方へ水を押し出す時に呼吸をします。

これに関しましては、バタフライも共通です。

手を頭の延長線上に伸ばした時ではなく、

後方に水を押し出した時に呼吸動作をします。




足の動きが左右交互にバタバタするのも共通しています。

クロールと背泳ぎでは若干動かし方は違いますが

バタバタと足を動かしながら泳ぐのは一緒です。




ターン動作も少し違いはありますが、両方ともクイックターンをします。

いわゆる前転動作をして壁を蹴ります。

クロールは壁を蹴りながら下向きに、

背泳ぎは壁を蹴りながら上向きになります。




ざっと共通点を出してみましたが、結構似通っているのが多いですね。

背泳ぎは、顔が水の上に出ている時間が

他の種目より圧倒的に長いので、呼吸が楽なのです。

呼吸が楽な分だけ他の種目よりもバテにくいのが特徴です。





それに対してクロールは水の中での動作が

手を体の中心を通ることができますので、

速いスピードで泳ぐ事ができます。

このページの先頭へ