クロールでよりスピードをあげたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

クロールでよりスピードをあげるには、

泳ぎだけでなく、スタート、浮き上がりなどの

細かい動作も詰めていかないといけません。





台の上、もしくは壁を蹴ってスタートします。

この時のスピードは、泳ぎよりも速いので、

スピードをあげたいのであれば、ここをしっかりとやっていくべきです。



スタートしてストリームライン(けのび)をするのですが、

指先から足先まで一直線に伸びて、イメージは矢のようにシュッと進みます。




そしてストリームラインの後の水中動作も大切です。

スタート台や壁を蹴った後のスピードを落とさず、

むしろ上げるくらいのつもりでやりましょう。




一般的にはバタ足を素早く打って上がってくるのですが、

競泳選手はドルフィンキックで上がってきます。




バタ足かドルフィンキックかどちらかを選ぶのは自由です。

競泳選手つまもドルフィンキックが遅い人はバタ足を選択していますので、

必ずしもドルフィンキックをやらないといけないわけではありません。




この後は浮き上がってクロールを泳ぐのですが、

これはドリルやインターバル練習、スプリント練習などで

レベルアップをはかります。




ドリルはフォームを調整すること、

インターバルは反復練習の中で、

短い休憩で体を元に戻して繰り返して泳ぐ、

スプリント練習は短い距離、時間を爆発的なスピードで

一気に泳ぎきるという練習で回復するまで休憩しても構いません。

このページの先頭へ