クロールで腰を浮かすためにはどうしたらよいでしょうか?

他の泳法でもそうなのですが、

クロールを泳ぐ時にも腰が沈むと体が立ってしまい、

抵抗を受けて進みが悪くなります。





ではクロールで腰を浮かすためにはどうしたらよいでしょうか?



クロールで腰が沈む一番の原因は、

頭の位置が高すぎる為に下がってしまうことです。


どの泳法でもそうですが、

腰の位置により頭の位置を決めていく感じです。




頭の位置が高いのであれば、

目線をお腹の方へ向けるくらいにして

頭の位置を低くします。

けのびの姿勢の時の頭の位置が理想ですね。




これだけ低くしてあげれば、腰も浮いてきます。

腰が浮いてきたら進みやすくなります。




他にはガチガチに力を入れすぎているために

比重が増してしまい下がっていくことです。

特に足に力を入れすぎますと、キックでの進みも悪くなります。

このような状態にならないようにするためにも

力を抜いてリラックスして泳ぐようにしていきましょう。




クロールで腰を浮かすために

頭の位置を変えながらやるのが一番理想です。


しかし、重心の位置がズレることにより

頭の位置を下げても腰が浮かないこともあります。





このような場合にはヘルパーという補助具を

腰につけて泳ぐといいでしょう。

小さいお子様はつけて泳ぐ事が多いですが、

確実に沈まなくなりますので泳ぎの習得も速くなります。



このページの先頭へ