背泳ぎのキックの練習方法はありますか?

背泳ぎのキックはプールだけでしか

練習ができないと思われていませんか?

実はそうでもないのです。

背泳ぎのキックの練習方法は陸上でも可能です。




イスの上に座ってもらうのですが、この時に深く座るのではなく

太ももがしっかりと動くように割と浅めに座ります。





そしてバタバタ足を動かしますが、

この時に足の指先が一番高く上がった時に

腰の位置と同じ高さで真っ直ぐになるようにします。

それを自分の目でしっかりと確かめながら動かしましょう。





水の中での練習方法ですが、基本的には

気をつけで泳ぐ方法や頭の上で手を組んで泳ぐ方法があります。

どちらも足やヒザが水の上に出ないように泳ぎます。

足先は一瞬なら出ても構いません。




その他にはクロールでもやるサイドキック練習、

体を真横に向けてバタ足をします。

主に真っ直ぐに進む為に足の甲、裏にしっかりと水を当てます。




かなり難しくなりますが、仰向けの状態で

片手を真上に上げて泳ぐようにします。

この時にもう片方の手は頭の延長線上に伸ばしておきます。




この状態では体が沈みやすくなりますので

しっかりと足で蹴る必要があります。

浮力がないのでキックで浮力を作る練習となります。

それと同時にキック力を上げる練習にもなります。




慣れて来たら両手を真上に上げて下さい。

この状態で顔を沈ませずに泳げる人は殆どいませんので、

やるとしたら、足ヒレを使う様にしてください。


そうでないとかなり沈みやすい状態ですので

水を飲みやすくなります。

このページの先頭へ