平泳ぎでクイックターンをすることありますか?

プールで長い距離を泳ぐ際には、ターン動作が必要となります。

このターン動作を上手にできたら、

タイムを競う時には他の人と比べて有利になります。




それにターンの後の壁を蹴った時の進むスピードは、

上手にできる様になれば実際の泳ぐスピードよりも速くなりますので、

壁を蹴ってからのけのびの練習など、

このあたりはしっかりと練習しておいた方がいいです。





上手にできるようになればなるほど

泳ぐ距離と時間が少なくて済むようになるからです。

トップ選手ほどこの練習はしっかりとやっています。




平泳ぎのターンでは、バタフライと同じで

タッチターンが採用されています。

ですから平泳ぎのターンではクイックターンはすることはありません。

それに実際のレースでやっている人も見かけたことがありません。




もしやるとするならば、両手をついてから

回らないといけなくなりますので、タイムロスは逃れられません。

かといって両手をつかずにクイックターンをすると失格になります。

ですので平泳ぎではクイックターンをやる必要はありません。




クイックターンが採用されているのが、

クロールと背泳ぎのみです。


全種目でタッチターンが使えますが、

クロールと背泳ぎに関しましてはクイックターンの方が

はるかに速いのでマスターしておくといいでしょう。

このページの先頭へ