平泳ぎにおいて腰の位置はどの辺りがきてベストですか?

平泳ぎだけではなく、どの泳法でも腰の位置というのは大変重要です。

この腰の位置によって、進む・進まないが

決まると言っても過言ではありません。




とくに平泳ぎは4泳法の中で

最も水の抵抗を受けやすい種目となりますので

腰の位置はより重要になります。




では、平泳ぎにおいて腰の位置はどのあたりがいいのか?




一番ベストな状態は顔を上げようが、

手を前に突っ込んで足を蹴ろうが、

腰は高い位置を保ったまま動かさないようにする事です。




腰の位置を高く保ことは、かなり難易度が高いです。

なるべく腰の位置をあまり上下をしないようにする・・・

というのを当面の目標にしましょう。




顔を上げる時間は長くなればなるほど

腰の位置は下がりやすくなりますので、できるだけ短くします。


イメージとしましては、顔を上げ呼吸をしたら

直ぐに戻すくらいの感じです。

そうすることで腰が下がりにくくなります。




あと足を引いてくる時にですが、

腰より上に足を上げて引いてしまいますと、体が沈みやすくなりますので、

腰と同じ高さか、むしろ低く引いてくるようにしましょう。

これを実践することで沈みにくくなります。




これらを実践することで腰を高い位置でキープしたまま

平泳ぎを泳げるようになります。

このページの先頭へ