平泳ぎとクロールはどちらが泳ぎやすい?

平泳ぎとクロール・・・

どちらも種目も初心者の人や長い距離を泳ぐ時に使われます。

では平泳ぎとクロールはどちらが泳ぎやすい?




平泳ぎは、長い距離を泳ぐにはあまり適していません。

なぜかと言いますと、水の抵抗を受けやすいので

進むスピードが遅いからです。

それにクロールと違って手だけで泳ごうとすると、

進まないし、とても疲れます。




ただ、長い時間を泳ぐのには適しています。

進まない代わりにそれほど疲れる動きではないからです。

平泳ぎは両手両足を伸ばしている時間もありますので

その進んでいる時間を楽しみながら泳ぐ事もできます。





クロールはといいますと、どちらかと言えば

長い距離を泳ぐのには適しています。

平泳ぎよりもスピードが出ますし、

腕だけで泳いでも疲れません。





もちろん長い時間を泳ぐのにも適しています。

長い距離を泳ぐということは、それだけの時間を要します。

クロールは楽に速く泳げますので、

オープンウォーターやトライアスロンという別の競技でも

使われているくらいなのです。




ではどちらが泳ぎやすいかと言いますと・・・

これは人それぞれの好みによります。

一般的にはクロールなのですが、

中には平泳ぎの方が泳ぎやすいという人もいます。




どちらかと言いますと、年配の方は平泳ぎを長い時間泳ぐ傾向があります。

体に負担がかかりにくいからでしょうか。

中年から若年層の方はクロールで泳がれる方が多いです。

長くたくさんの距離を泳ぎたいからというのと

ダイエット目的でされている方もいらっしゃいます。

このページの先頭へ