背泳ぎの選手に向いている人はどのような特徴がありますか?

背泳ぎの現在の第一人者といえば

入江陵介選手ですね。



入江選手の背泳ぎの特徴と言いますと

何と言っても軸が全くブレることなく泳げることです。

ペットボトルをおでこの上に載せて泳いでも

全く落とす事なく泳げるのは有名ですね。




では、背泳ぎの選手に向いている人はどのような特徴があるのでしょう?




背泳ぎに向いている人いうのは

一般的には身長が高いということです。

これは4泳法の中でも最も身長が必要とされる泳ぎかもしれません。





続いて手足が長いというのも背泳ぎには非常に向いている人です。

クロールと同じくらいリーチの長さは重要になります。




他には肩関節や肩甲骨まわりの柔軟性が優れているというのも

背泳ぎをやる上では重要になります。

特に背泳ぎに関しましては水の中の動作で

体の中心をかくということはできません。





したがって、いかにして体の近くを通れるかは

柔軟性が優れているかどうかにかかっています。

また柔軟性が優れていると故障もしにくくなります。




入江選手のように軸がブレずに泳げるというのも

向いている人の特徴です。

身長が他の選手よりも低いのですが

フォームは世界一美しいとも言われています。




あとローマ世界水泳で金メダルを取った古賀淳也選手のように

爆発的なキック力や腕の回転が速いというのも

向いている特徴とも言えます。

このページの先頭へ