背泳ぎでテンポを上げる方法はありますか?

背泳ぎでテンポを上げていくのは、なかなか難しいものがあります。

あまりにもテンポを上げる事を意識し過ぎてしまいますと、

手に水が当たらなくなりまして、水をしっかりと押せなくなります。





では、背泳ぎでテンポを上げる方法とは?




1つはあえ手に水を当てずに泳ぐ練習をすることです。

これによりテンポは上がりますが、水を捉えることはできません。

そこで、手をグーにして前腕で水を捉える事を意識するのです




グーで泳いだ後にパーでなるべく同じテンポで泳ぐ様に心がけます。

さっきまで手に水が当たらなかったのが、重たく感じるようになります。

特に指先にはしっかりと水がかかりやすくなるはずです。

手のひらと前腕の2ヶ所でしっかりと水を押しながら

テンポを上げる事ができるようになります。





もう1つはあごを引いて、やや体が立った状態で泳ぐ事です。

肩が水の上に出やすくなり肩周りに水の抵抗がかからなくなるので、

腕が回しやすくなります。

ですから高速回転がしやすくなります。

この状態で泳ぎながら、時々普通の姿勢で同じテンポで泳ぐ様にします。

そうすることでテンポが上がった状態で泳ぎ続けることができます。




背泳ぎのテンポを上げるにはちょっとした工夫が必要です。

ですが慣れたら出来るようになります。

出来るまでは時間がかかりますが、根気よくやっていきましょう。

このページの先頭へ