背泳ぎで長距離を泳ぐ場合、疲れませんか?

背泳ぎは基本的に顔を水の上に出ていますから

呼吸は他の3つの泳法と比べまして、かなりやりやすいのです。

そして、4泳法の中でも最も前後半の差が出にくい種目でもあるのです。

つまりはバテにくいということでもあります。




そうなると背泳ぎで長距離を泳ぐ場合、疲れないのでしょうか?



これに関しましては個人差はありますが、

他の種目よりは疲れにくいことは事実です。


ムリに呼吸を止める事をしなくてもいいわけですから、

他の種目に比べますと、その分は楽になります。




苦しくない・・・そういったところから

背泳ぎを選ぶ方も結構いらっしゃいます。




2014年現在でマスターズ大会で

とある日本人女性が100歳区分の世界記録を樹立されましたが

出ている種目の半分以上が背泳ぎを選択されています。

それだけ体にかかる負荷も少ないと言えるでしょう。




この方のように中にはクロールよりも背泳ぎが楽!!

と、いう人も実は少なくはありません。


なので、長距離を楽に泳ぎたい場合はオススメと言えます。

そして疲れにくい泳法だと言えます。




ただし、レースみたいに頑張らないと行けない場面がありますと

長距離を泳ぐ場合でも疲れる事はあります。

それは、どの種目でも共通して言えることです。








このページの先頭へ