背泳ぎのキックドリルはどんな種類がありますか?

背泳ぎはクロールやバタフライと比べますと

プル(腕のかき)では進みにくいですので、

どうしてもキックでの進みが必要になります。




そのキックをより進ませるようにする為には

ドリル練習というものが必要になってきます。




では、背泳ぎのキックドリルはどんな種類があるのでしょうか?



カンタンなものを3つあげます。


・サイドキック

クロールの呼吸をしている(真横をむく)状態でキック動作を行います。

この時に通常は足の動きが上下ですが

サイドキックは横向きなので左右になります。

右に行き過ぎたり左に行き過ぎたりしない様にしましょう。




・片手を上げてキック

片手を顔の真上に上げてキックをします。

この時にもう片方の手は頭の延長線上か気をつけの姿勢です。

片手を真上に上げていますので、通常よりも沈みやすくなります。

ですので、より細かく力強いキックが求められます。


慣れないうちは足ヒレ(フィン)をつけてもいいです。



・潜水キック

文字通り潜った状態でキック動作をします。

最初はクロールの時みたいにうつ伏せ状態でも構いませんので

顔を下向きにして泳ぎます。

その時に浮きすぎたり、沈みすぎたりせず

一定の深さを維持しながら泳ぎましょう。


慣れたら上を向いたまま潜って同様の泳ぎをしてみましょう。

この時に水を飲まない様に注意してださい。




このページの先頭へ