背泳ぎの手のかき方のコツはありますか?

どの泳法でもそうですが、手を使ってしっかりと水を押す事が

非常に大事になります。


背泳ぎは他の種目とはちがって水の中の動きがどうなっているのか

非常にわかりづらいものがあります。



そんな中で、背泳きの手のかき方のコツはありますか?



ものすごくカンタンに言いますと・・・

『たくさんかいて下さい』ってことです。



カンタンに説明しますと・・・

手が入水してから最後の太もも辺りで押し切るまでの間まで

水を逃がさないようにしながら持ってくる様にします。

そうすればたくさんかくことができます。



もう少し詳しく説明しますと・・・

手が入水した後に手のひら、前腕を意識して

しっかりと面で水を捉えながら太もも辺りまでもってきます。

そして最後に前腕、手のひらの順にしっかりと水を押し出します。




この時に水を空手チョップみたいな感じで切ってしまいますと

水を全く押せないままカラがきになってしまいます。

そうなるとほとんどと言っていいほど進みません。

ですから手のひら、前腕の面でしっかりと水を押し出しましょう。



もし、ある程度背泳ぎが泳げるのであれば

手が入水してから太ももで水を押し出すまでの間

顔を水の中につけたまま動作を行って下さい。


そうすれば水の中でどのような動きをしているか

自分自身でチェックできるようになります。




まだあまり泳げてないと言う方は

指導者や友達に見てもらうのもいいです。

このページの先頭へ